返済の内訳とカラクリ

発生した利息よりも少ない利息を請求されることはない

カードローンの返済の内訳はどうなっているのでしょうか。これは非常に単純な仕組みになっていて、実際に借りたお金、つまり元金と、借りたお金にかかった利息が合わさった形になっています。大原則として、内訳に含まれる利息分は発生している利息に比べて低くなることはありません。どういうことかというと、たとえば10万円を借りて一ヶ月あたり1000円の利息が発生した場合、その月の返済分には必ずこの1000円が含まれます。1000円の利息が発生しているのに、500円分の利息しか請求されないということはあり得ません。
一方、元金がどれぐらい内訳に含まれるのかというのは返済プランによって異なってきます。極端な話、返済の内訳に元金分が一円も含まれないこともあり得るのです。

元金を返済しなくてもカードローン会社が許容する理由

では、なぜカードローン会社は、返済の内訳にほとんど元金が含まれないようなケースでも許容するのでしょうか。これは、その方が最終的により多くの利益が期待できるからです。
カードローン会社にとって、一番利益が出ないのはお金を貸した直後に一括で返済されるケースです。この場合、利息収入をまったく得られません。
しかし、利息だけを返済され、元金はそのままというケースの場合、いつまでも完済されない代わりに利息収入をずっと得られることになるので、カードローン会社からするとそれだけ多くの利益を期待できるというわけです。
客からすれば、利息分の返済のみでもOKとされるのは助かる反面、元金を返さないとトータルの返済金額がどんどん増えていくことになるので、できるだけ返済金における元金の割合を増やした方がいいということになるでしょう。