年収の1/3を超えても借りれるってホント!?

総量規制が定められている実態

総量規制が定められていて、年収の三分の一以上は、現状の法律としてお金を融資してもらう事が基本できません。年収の三分の一近く融資を受けている方は、消費者金融にカードローンの申込をしても審査を通過する事ができなくて、申込を完了させる事がほぼできないです。どうしても総量規制の問題を解消したい場合は、完済を目指していき、融資できる状況を自ら作る事が大切です。
年収の三分の一以下にする事ができれば、総量規制のルールも関係なくなります。消費者金融側に融資をしても大丈夫な人物として好印象を与える事が可能です。その結果、お金を借りられるようになるので年収の三分の一近くの融資を受けている方は、融資状況を改善する事が求められてきます。

銀行や銀行系のカードローンは関係ない点

同じカードローンを実施している消費者金融の中でも銀行系カードローンと呼ばれているカードローンは、総量規制は関係ないです。その為、年収の三分の一近く融資を受けている方も状況によっては、審査を通過できて申込を完了できる可能性を秘めています。その他にも銀行で提供されているカードローンは、総量規制に当てはまらないのが特徴です。
銀行系カードローンは、銀行と提携を結んでいる消費者金融なので、このように総量規制を受けないで済むようになっています。その他にも銀行の融資は、ローンの種類に関係なく、総量規制を受けない事が法律で定められています。多額の融資を受けている方も総量規制の問題をクリアして、少なからず融資を受けられるチャンスが発生している状況です。